部屋つくり

フローリングだけで生活してみる〜ラグやマットを捨てる〜

フローリングだけでの生活について

今回はラグやマットを捨てて、フローリングだけで生活することの良さについてお伝えしたいと思います!

こんな方にオススメ
  • ラグを敷いている
  • 食べこぼしなど、ラグの掃除が手間
  • 定期的なラグ交換が面倒

私も以前は、部屋つくり当初から何も違和感を持たず、リビング用ラグとキッチン用マットを敷いていました。

もともとズボラなので、季節ごとにマットを買い換えるということも無く、
汚れが目立ってきたら買い替えていましたが、そもそもラグいるか?と考えてみました。

なぜラグやマットを敷くのか?

メリット

  • レイアウトの定番(おしゃれ)だから
  • 足元の冷え対策
  • 床で座る生活スタイルでは必須

考えてみるとこれくらいでしょうか…?
特にレイアウトにおけるラグの存在は大きく、部屋の印象を大きく左右する事は経験上知っています。

でもその分忘れてはならない大きなデメリットも存在していますよね…!

デメリット

  • 掃除が面倒
    一言で表されてしまいますが、これがとても厄介です。

掃除機などで掃除をしては、「うげ!!見た目より汚い・・・」とショックを受けた経験はないでしょうか?

掃除をこまめにしたり、季節ごとにラグを買い換える事ができる方は、衛生面で特に問題ないと思いますが、私はズボラなので同じラグを敷きっぱなしにしていました。
不衛生ですね。。

ですので私は新しい生活を踏み出すために、ラグを捨てる事にしました!

フローリング生活になるとどうなる?

ラグなしで、フローリング生活をする事で、改めて生活スタイルを変えざるを得なくなりました。簡単にまとめてみます。

掃除が簡単! むしろ汚れにすぐ気が付くので、こまめに掃除をするようになる
・ラグの買い替えについて考えなくて済む
・床に座る生活ができない
・足元が冷える!寒い!

メリットとデメリットがそれぞれありますが

掃除が簡単というメリットがとても大きく、
掃除のストレスから開放され、とても快適です!

デメリットについても、生活スタイルを見直す事で特にデメリットと感じる事なく、対策が可能です。

ラグ無しデメリットへの対策

床に座る生活が出来ない → ダイニングスペースを確保
足元の冷え → スリッパを履く

一人暮らしでもダイニングスペースを確保する

カウンターテーブル
一人暮らしでもダイニングをつくるコツ〜食事する場所を確保する〜ダイニングをつくる これらの悩みについて解決する記事を書きました! 先に結論をお伝えすると… カウンターテーブ...

フローリング生活におすすめのスリッパ

スリッパの画像
フローリングにおすすめのスリッパ紹介 先日「フローリングだけで生活してみる」という記事を書きました。 https://yu-tsu3ki.com/336 でも正直...

最後に

ラグがある生活って割と当たり前だと思いますが、
改めてメリットデメリットを考えて、ご自身に合う快適なスタイルで過ごしていきましょう!